眼の疲れ、眼精疲労からくる頭痛、偏頭痛

眼が疲れてきて、頭も痛くなってきた・・・。そんな経験ありませんか??眼が疲れてくるときって、同じ姿勢で長時間作業をしていたり、読書に長時間没頭していたり。。。とそんなときではないでしょうか?長時間同じ姿勢でいるとどうしても肩がこってきたりしませんか?これも眼精疲労につながる1つなんです。子供の頭痛、肩コリが多いのも眼精疲労が原因といわれています!

 

頭痛、偏頭痛、肩こり・・・眼精疲労がもたらす眼の負担は顔、首周辺のコリ、血行の停滞をもたらします。

 

また、日常使っているめがねやコンタクトレンズなどの度数が合わずにいればそこから眼が疲れ、頭痛にもつながるということがあるそうです。そして、またこれも上で頭痛につながっている肩こりにもつながりますので、常に注意が必要です。頭痛も肩こりも眼精疲労もみんなみんなぐるぐるとつながって、悪循環になっているのかもしれないですね。眼精疲労を改善すればおのずと頭痛や肩こりも軽減されるはず!

 

眼精疲労を改善するにはやはり睡眠が一番です!疲れた日にはお風呂にゆったりと入り、適度な明るさや大好きな音楽、自分にあった枕・・・リラックスできる環境を整えて早々に眠りにつく!これが眼精疲労からくる頭痛、肩こり対策の第一歩です!

 

そして、作業の合間などには手軽にできるストレッチを心がけましょう!両手を組んで頭の上に腕を伸ばす。たったこれだけのストレッチでも肩のこりが少し改善されるのでは?上に伸ばした次には左右にそのまま体を曲げてみる。これでまた脇も伸びるし、肩の付け根も伸びます。

 

首をゆっくりと10秒ほど数えながら時計回りに回してみましょう。そして、正面に戻ったら逆回り・・・どうですか?首の周りの少しほぐれたのでは?

 

読書の合間・パソコンなどの長時間作業の間の数秒でも眼精疲労や肩こり・頭痛などへの対策になります。

 

長時間、同じ姿勢をする、長い間眼を酷使することのないように注意しましょうね!また、子供さんにも勉強、ゲームは一時間に一回10分の休憩を挟み、眼を休めるように注意しておきましょう!

 

 

眼精疲労に効果的なツボ

「眼精疲労」に効果のある<ツボ>も存在します。 「眼精疲労」に効果のある<ツボ>は主に眼の周りに集中していますが、そのほかにも首の後ろ・手・腕・足・背中・耳にも存在します。

 

眼精疲労や頭痛を和らげるツボ

 

攅竹(サンチク)

眉の付け根にあるツボ。眼精疲労・めまい・熱をさげてくれる作用がある。

魚腰(ギョヨウ)

眉の中心部にあるツボ。眼精疲労・眼の痙攣に効果がある。

絲竹空(シチククウ)

眉尻にあるツボ。眼精疲労・充血・めまい・熱をさげてくれる作用がある。

睛明(セイメイ)

目頭にあるツボ。眼精疲労・眼に関する症状全般・熱を下下手くれる作用がある。

球後(キュウゴ)

目じりにあるツボ。眼精疲労・眼の充血・かゆみ・眼をハッキリとさせる作用がある。

承泣(ショウキュウ)

目じりと眼の中心の間にあるツボ。涙を止める。視力回復・眼精疲労に作用する。

四白(シハク)

黒目の下指を横にあて、2本目辺りにあるツボ。眼精疲労・視力回復に作用する。   

陽白(ヨウハク)

眉の中心の上指を横に置き2本目あたりにあるツボ。眼精疲労・視力回復に作用。   

太陽(タイヨウ)

こめかみにあるツボ。眼精疲労・頭痛・眼に関する症状ほとんどに作用する。