眼精疲労が引き起こす視力低下、仮性近視、ドライアイ

「眼精疲労」・・・よくこの言葉を耳にすると思うのはテレビで見かける目薬のコマーシャルの影響でしょうか?

 

小学生、中学生の子供さんの自己チェックにもなります!!

 

「眼精疲労」自己チェック表です。心配な場合は眼科で診断を!

ドライアイ 朝起きると眼が開きづらい。 眼が痛くなることがある。 眼が痛くてコンタクトレンズを装着できない時がある。 眼が乾いている。
白内障 疲れ眼でかすんで見える。 明るい場所よりも薄暗い場所の方が良く見える。 光がまぶしい
緑内障 眼の疲れから頭痛や肩こりが起きる。 太陽や電気の灯りを見た際に、ぼやけた感じに輪のようなものが見える。   眼を押さえると眼球が固い気がする。
網膜はく離 飛蚊症の症状(小さな虫のようなものがチラチラ見える) 眼を数分間閉じてから開くと暗闇に灯りが見える。  視野が狭くなった。 眼を押さえると眼球が柔らかくなった気がする。

大人も子供も眼精疲労で視力低下してしまう!

実際、仕事をして一日パソコンに向かっていたり、細かい活字を読んでいたりすると「目が疲れる」といったことは良くあることですよね。「眼精疲労」一言で言っても本当に「眼精疲労」なのか?どんな症状が「眼精疲労」なのかははっきり知らなかったりしませんか?

 

そこで「眼精疲労」の主だった症状について調べてみました。
・目のかすみ(目薬のコマーシャルでよく耳にしますね!)
・目がショボショボする。
・目がうるうるする。
・目が痛い。
・目が熱い。
・充血している。
・視界が見えにくくなる。
・まぶたが痙攣する。 
・目が乾く

 

 

 「あ!この症状当てはまる!!」
そう思われた方もいらっしゃるのでは!? 私も5つほど当てはまりました。
しかし、「眼精疲労」といいつつ、決して「眼」に現れるというわけではないようです。

 

・肩こり
・首筋がこる
・腰痛
・指先のしびれ
・食欲不振
・イライラする
・頭痛
・眉間の辺りが痛くなる
・倦怠感
・便秘
・胃腸が不調になる。

 

こんなに「眼」以外の部分にも「眼精疲労」の症状が現れるのですね。 眼の疲れ全てが「眼精疲労」ということではない様です。「目が疲れたなあ」と思った時に、少し休んだり、睡眠を取ったりした後に目の疲れが回復していることがありませんか? それは「眼精疲労」とまではいかず、「眼の疲れ」だそうです。

 

極度の眼精疲労は身体の健全な状況も変えてしまうのです。たかが眼精疲労、疲れ目とバカにせずに「疲れた眼を休ませる」ことが現代では大事なのですね。