レーシック手術で視力回復!人気の視力矯正方法です!

「レーシック」・・・最近よく耳にすることがありませんか? きっと眼の悪い方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?実はメガネ、コンタクトに続く第三の視力矯正術として人気の視力回復手術が「レーシック」なんです!

 

「レーシック」は、角膜にレーザーをあて、屈折の角度を調節することによって焦点を合わせ、近視が治るということです。日本でも最近ではメジャーになりつつあり、多くの有名なスポーツ選手なども実際に受けられているとのことです。先日もテレビ番組でお笑い芸人さんが受けていました。カウンセリングや術前に自分の眼が手術を受けられるかどうかのチェックがあり、その後日手術になります!

 

「レーシック手術」では、麻酔は眼に直接注射するのではなく、点眼薬での麻酔です。実際に医師が手にレーザーメスなどを持ち手術を行うというのではなく、コンピュータによって制御されている機会での手術で、手術をしている間に眼球が動いてしまってもその動きに瞬時に対応し、誤ってずれてしまったということはないそうです。私がレーシック手術したクリニックでは成功率がほぼ100%とのことです!

 

効果が現れるのには個人差があるそうですが、人によっては術後すぐに視力が回復するということです。生命保険会社・加入している生命保険・医療保険の種類によっては保険対象となり、費用の一部が下りるということもあるそうです。

 

プロスポーツ選手のレーシック手術による視力回復手術も多くなっており、いよいよ身近なものになっているレーシックですが、やはりできるなら人気が高い、多少高くても安心安全な眼科クリニックを選びましょう。

レーシック手術を受けました!視力は<1.5>に視力回復!

実際にレーシック手術で両眼1.5に視力回復しましたが、レーシック手術前に気になる点を実際の眼科で聞いてみました!

 

Q1
 レーシックと言ってもいろいろと種類があるみたいで、手術費用も種類によって変わるのはなぜですか?
A1
 手術に使う機械が異なります。そのために手術費用も異なります。
Q2
 手術が可能かどうかの検査にかかる費用は?
A2
 現在は無料で検査を受けていただいております。
Q3
 検査を受けるのにかかる時間はどのくらいですか?
A3
 平日であれば、スムーズに早く終われば3時間ほどですが、平均すると4時間から5時間ほどかかります。土曜日や日曜日祭日ですと、だいたい6時間から7時間はかかります。
Q4
 手術を受けるとして、その後の検査は?
A4
 翌日の検診と1週間後・1ヵ月後の検診の計3回になります。
Q5
 手術を受けた後で、日常生活や業務に対して規制されたりしますか?
A5
 受け頂く手術の内容により異なりますので、検査後に受けることが可能な手術種類によりその場でご説明させていただいております。

 

とざっとこのような感じでした。

 

今回問い合わせをさせていただいたクリニックには託児サービスもあり、新宿にある某有名ホテル内30階にある施設をこれもまた無料で利用することができます♪