子供の眼精疲労と視力低下の関連性

眼が疲れてくるとなんだかいつもよりも資料や字、人の顔などなんだかはっきりと見えなくなる。なんてことありませんか?なんだか視力がいつも以上に下がってくるんですよね。眼が疲れるうちの1つに視力の調節に関係してくる水晶体の厚みを調整してくれる毛様体筋が緊張するということもあげられます。子供の眼は成長途中です。大事に守ってあげましょう!

 

毛様体筋が緊張することで水晶体の厚みが変わり視力が低下してしまうということです。私は今回活字で読み「あ〜そうか!」と思ったことがあります。それは眼はむき出しになった臓器だということです。

 

他の臓器は体の中で骨や筋肉などに守られています。が、眼球はまぶたはありますが、眼を掛けていれば<むきだし>の状態。なんとなく疲れがでるのに納得してしまいました。
黄斑部ってご存知ですか?水晶体の奥にあるのですが、ここが基準になり視力が決まるそうです。紫外線は水晶体によって吸収されますが、可視光線水晶体では吸収されずに黄斑部まで到達するとのことです。

 

この可視光線の中にある青色光線。これはパソコンやテレビ・日常的に私たちが使っている電気の灯りなどからも出ている光線で、この青色光線を黄斑部が沢山浴びることにより、黄斑部にダメージを与えることになり、視力の低下につながるということです。

 

ここでもまた「パソコンを使う」ということが出てきました。視力が低下するということはやはり「眼精疲労」と密接なつながりがあるのです!

 

子供の仮性近視、視力低下に効果的な視力回復方法

全国的に幼稚園、保育園、小学生、中学生、高校生の視力低下が止まりません。テレビ、パソコン、ゲームの普及で「眼」への負担が大きくなっているからですね!既に仮性近視、視力矯正の必要を健康診断、視力検査などで診断されている子供さんでも、視力回復でます!

 

まずは視力を低下させる環境を改善した上で、視力回復させましょう!!